岐阜県の西濃地区の労働組合の連合体です。正式名称は西濃地域労働組合総連合と言います。

コラム:安倍政権が狙う原発再稼働と原発輸出

 福島原発事故の収束もままならない今、安倍政権は国会まで休んで、外国に原発のセールスに出かけています。そして、オリンピック誘致でも「汚染水 は完全にブロックされている」などと事実と異なる発現をし、多くの人たちの不信をかいました。今も汚染水の問題は解決せず、外海にも拡がっています。拡 がって希釈されているから当然水質を検査しても、健康に害のないレベルだとなるでしょう。それよりも、どれだけ出て行ったのかが問題なのに・・。

小泉元首相さえ、原発0を言わざるを得ないほど、原子力発電は大きな問題があります。彼の言うとおり、原発はまだまだ未熟な技術です。使用済み核 燃料や放射能に汚染されたものを処分する場所さえ確定されていないし、これ以降人類が文明を作ってきた時間とは比較できないほどの長い期間管理しないとい けないものです。そして、一番の問題は事故が起きたら取り返しのつかないことになるということです。ここ岐阜県の西濃地区の北西方向は福井県です。そして そこには多くの原発があります。このうち1つでも事故が起きたら、私たちの故郷は人の住めない場所になるかもしれません。そして、放射能の流れる状況さえ 「秘密」として隠されたら・・・。

そしてもう1つの問題は原発は誰かの被曝を前提として成り立っているものであることです。原発の定期検査では多くの労働者が被曝しています。そし て福島原発の事故処理においても、多くの労働者が被曝していて、被曝線量に達してしまって事故処理にあたる労働者の確保が難しくなってきています。人間の 健康を冒すことが前提となっている技術って何でしょうか。原発を動かさないと経営が成り立たないと電力会社は言いますが、これらの事故が起こった時には経 営どころではなくなります。様々な費用を考えたら原発は高くつきます。それなのに、川内原発の再稼働があり、さらに伊方原発・高浜原発となし崩しに再稼働しようとしています。過去をきちんと見ない人間に未来は語る資格はないでしょう。

そして、原発の輸出。一体何を考えているのか?多くの国は原発を見直そうとしているのに、事故を起こした国が、その事故を起こすような原発を輸出するとは。世界中から日本って変な国だと思われそうです。こんな人間が首相にいることが恥ずかしいですね。

気軽にご相談ください TEL 0584-82-0411(労連)

PAGETOP
Copyright © 西濃労連 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.