岐阜県の西濃地区の労働組合の連合体です。正式名称は西濃地域労働組合総連合と言います。

西濃労連(西濃地域労働組合総連合)とは?

  • HOME »
  • 西濃労連(西濃地域労働組合総連合)とは?

西濃労連(西濃地域労働組合総連合)は、岐阜県の西濃地域の労働組合の連合体です。西濃地域の労働者の皆さんの仕事・生活を守るために労働相談や働くルールの確立の運動や平和を守る活動など種々の問題に関して活動しています。以下のような方針で活動しています。

各加盟単組が取り組んでいる諸活動を積極的に支援し、西濃地域の労働者の生活と権利を守るため、団結して闘います。

1.賃金底上げ、賃金引き上げ
不安定雇用、零細企業、未組織労働者の賃金底上げと、春闘を闘う労働組合や労働者との連帯を強め、最低賃金の時間額1000円以上への引き上げを 求めて闘います。また、民間の賃金や地域経済にも影響を与える公務員に対する賃金引き下げを撤回させ、地域の労働者全体の賃金底上げにより地域経済を元気 にします。
2.働くルールの確立を求める運動
憲法25条の精神を生かすため、派遣法の改悪を許さず、正社員が当たり前の社会を作り上げるとともに、人間らしく生きるため、残業代ゼロ等の労働法制の改悪に反対し、ブラック企業を根絶するための「働くルールの確立」を求める運動を大規模に展開します。
3.労働争議支援の闘い
不当差別・権利侵害・リストラ・解雇等の労働争議に、引き続き支援共闘します。
4.西濃メーデーの成功を目指して
リズミカルなシュプレヒコールによる市民へのアピールや、午後4時からの開催など86回西濃メーデーの教訓を生かし、多くの労働者や市民と一緒に作る情勢にあった新しいメーデーの追求を目指すとともに、さらに実行委員会へ参加する団体を増やしていきます。

憲法改悪に反対し、平和と民主主義を守り、労働者と地域住民の要求実現のために、団結して闘います。

1.憲法改悪・憲法解釈の変更に反対し、平和と民主主義を守る闘いを強めます。
平和と民主主義を踏みにじり、戦争できる国にする憲法違反の「戦争法制」や国民の知る権利を奪い、国民に文句を言わせないための特定秘密保護法に反対する活動に積極的に参加するとともに、日本の米軍基地、特に沖縄辺野古に基地を作らせない運動を支援します。
また各単組が立ち上げた「9条の会」を積極的に支援するとともに、各地域の「9条の会」に積極的に参加するなど、戦争反対、憲法改悪反対の声を結集する運動をすすめます。また、少数意見を抹殺する比例定数削減に反対する運動に積極的に参加します。
2.社会保障制度の充実を求める闘いを広めます。
税と社会保障の一体改革の真のねらいを見定め、反対する運動をすすめます。年金改悪や生活保護の改悪を阻止し、最低保障年金制度の充実を求めると ともに、介護・医療難民を増やす介護・医療法の改悪に反対する運動を西濃地域社会保障推進協議会・西濃医療生協などと協力して運動をすすめます。
3.後期高齢者医療制度の廃止と、大垣市の老人医療費助成制度「垣老」の拡充への取り組み
後期高齢者医療制度の廃止のための取り組みをさらに積極的にすすめます。
4.反核・平和を守る闘いに参加します。
「広島・長崎アピール署名」・平和行進・原水禁世界大会などに参加します。福島第一原発の事故を教訓に、停止中の原発を再稼働させない、外国への原発の輸出を許さない、脱原発をすすめる運動に主体的に、積極的に参加します。
5.1947教育基本法の理念を守り、、民主教育の確立をめざします。
常に憲法・1947教育基本法・子どもの権利条約の理念にのっとった平和教育や民主教育の確立をめざし、安倍政権が行おうとしている子どもを主体 と見ない、古い教育観の教育改革や首長による教育への介入を許す教育委員会改革に反対します。また政府に都合の良い内容のみを載せる教科書検定に反対する とともに、戦争を美化する教科書採択を許さない運動に積極的に参加します。ゆきとどいた教育をすすめる運動に積極的に取り組み、「30人学級・私学助成」 などの署名活動を進めるとともに、ゆとりを持って子どもを見守れる学校づくりや、地域社会に根ざし、子どもたちが健康に発達できる教育条件の整備を各自治 体に求めます。
6.消費税の大増税に反対する運動をすすめます。
大規模開発や軍事費の拡大、大企業の負担軽減を狙う政界、財界の利益のための消費税増税であり、決して社会保障が充実しないことを広く宣伝し、消 費税増税をこれ以上許さない、消費税をまずは元に戻し、最終的には廃止するため消費税廃止西濃地域連絡会の運動に積極的に参加します。
7.人権侵害に対して積極的に闘います。
警察の民間企業への情報提供や、情報漏洩・マスコミへの圧力など民主主義を踏みにじる人権侵害に対して抗議の声を上げ続け、言論の自由・表現の自由のために闘います。
8.労働者・国民の怒りを結集し、平和憲法を守り、労働者・国民の命と暮らしを守る政治勢力の国政選挙での勝利を目指して闘います。

たよれる西濃労連をめざして、未組織労働者の組織化・未加盟団体の加盟促進とともに共闘を進めます。

1.組織拡大の取り組みを強化します。
全労連の組織拡大方針を受け止め、組織拡大をすすめている単組の活動を学びながら、西濃地区の労働者の置かれている状況を把握し語り合う場を作り 出すなど積極的に行動します。また、地域労組の拡大強化を一層すすめます。さらに、労働者同士の連帯を深め、仲間作りのために智恵を出し合い、楽しい催し などでつながりを広めていきます。また、西濃労連に参加していない労働組合への訪問などさらに組織を強化拡大する活動をします。また、労連でリクレーショ ンを企画するなど、組織拡大につながる運動をすすめます。
2.労働者相談センター活動を引き続き強化します。
労働相談を通じて未組織労働者の組織化をすすめます。そのため、相談員・役員活動家を増やし、体制を強化するとともに、労働相談チラシの配布やホームページ、メディアを活用しての情宣活動を積極的に行います。
3.ニュース発行・教育宣伝活動を活発に行います。
ニュースの定期発行を行います。そのためのスタッフを確立します。また、ホームページでの広報活動をすすめるとともに、組合員のネット利用の学習会を開きます。
4.加盟労組・他団体との交流を深め、連帯のきずなを強めます。
西濃労連の学習交流会を実施します。また、他団体なども含め、幅広く交流できる機会をつくっていきます。
PAGETOP
Copyright © 西濃労連 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.