3月19日(土) 10:30より、岐阜市金公園にて、総がかり行動がありました。朝のうちはかなりの雨が降っていましたが、始まることには天気も良くなり、暑いくらいになりました。1000人近い人が集まり、さらに4野党(民主党・維新の党・日本共産党・社会民主党)の代表からも発言があり、アベ政権を許さないためにも、野党5党が立憲主義を守る、民主主義を守るという今一番大切なことを守るために結集して、選挙に勝って行く必要があることが話されました。保守王国と言われている岐阜県ですが、多くの人たちが今の自民党の政治は危ういと感じているようです。その後、SEALDs TOKAIからの発言があり、奨学金やブラックバイトの問題も大切だが、戦争できる国になったらまずは弱い立場のものたちの権利が失われるという話があり、政治を変えるために選挙に勝とうとコールがあり、会場全体でもコールが起こりました。その後集会アピールが読み上げられ、岐阜市内をデモ行進しました。

2016_03_19_12016_03_19_2