西濃労連定期大会が開かれました

7月13日(木)の19時からサンワーク大垣にて第27回西濃労連定期大会が開かれました。最初に副議長から開会のあいさつがあり、議長は年金者組合から出されました。西濃労連議長のあいさつの後、来賓のあいさつをいただきました。あいさつでは、共謀罪の問題や、アベ政権の暴走などの話をされました。その後、資格審査のあと、議事に入り、西濃労連事務局長より2016年度の経過報告と総括、事務局次長より会計決算報告がありました。その後2017年度活動方針案が提案され、会計予算も提案されました。その後、加盟組合から昨年度の活動報告がなされ、各団体の様子がわかりました。報告の後、議題に対する採決が行われ、各議案とも全員賛成で採決されました。最後に、団結ガンバローをして終了しました。